病院情報の公表

トップページ > 病院のご案内 > 病院について > 病院情報の公表

令和元年度 友愛記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 351 79 70 118 280 474 1171 2065 1377 325
年齢階層別患者数は、平成31年4月~令和2年3月の期間内に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。
当院は地域医療支援病院として地域医療機関の先生方と連携しながら地域医療に力を入れております。
今年度も高齢化の傾向は同様で、60歳以上の割合が78.3%を占めています。この数値は病院指標公開当初の平成27年度は72%、昨年は76.9%、今年度は78.3%と年々上昇傾向となっています。
先ごろの内閣府の白書では65歳以上の人口が総人口の28.1を占め、65歳から74歳の割合は13.9%、75歳以上は14.2%で65歳~74歳を上回ったとの事でした。今後も高齢化は益々増加をしていくでしょうが、高齢者だけではなく幅広い年齢層の患者様にいおても各診療科にて最善の医療提供を行なっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 41 19.15 15.17 4.88% 86.54
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 41 31.32 20.84 14.63% 85.61
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 39 20.62 12.58 2.56% 78.87
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア1 34 15.03 13.48 5.88% 84.29
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり-A-DROP スコア2 20 30.40 18.27 5.00% 88.35
75歳以上の高齢の肺炎の患者様が多数を占めています。
肺炎とは主に細菌やウイルスに感染することにより、気管支の先にある肺胞が炎症を起こす病気です。
高齢者になると身体機能の衰え、抵抗力(免疫力)も低下し肺炎のリスクが増加し、呼吸困難や重症化する事もあります。
肺炎は高齢者にとって身近な病気ですが熱・咳などの症状が出にくかったりしますので、「元気が無い」「食欲が無い」等の変化があったら受診を促してください。
感染予防にはうがい・手洗い・マスクの着用、高齢になるにつれ嚥下機能低下し唾液や食物が気管に入ってしまう「誤嚥」を起こします。誤嚥の際に口の中の細菌も気管に入って誤嚥性肺炎を引き起こすことがありますので、口腔内を清潔に、肺炎球菌・インフルエンザの予防接種を受けることが大切です。
厚労省も65歳以上の該当者は積極的に肺炎球菌ワクチン接種を推奨しています
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 325 2.19 2.63 0.31% 66.02
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 63 8.44 7.65 0.00% 66.37
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 60 7.27 5.39 0.00% 51.15
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 58 10.41 9.79 0.00% 77.02
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 44 10.66 8.89 0.00% 72.14
最も多い症例は、小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)-内視鏡的ポリープ・粘膜切除術となっており、当院では大腸ポリープの治療を主に行っています。
大腸ポリープは腫瘍性ポリープ(腺腫)と非腫瘍性のものに分けられます。腫瘍性ポリープは、大腸癌へ移行可能性があるため、ポリープの段階で切除することが大切だと考えます。
食道・胃・十二指腸・大腸疾患、肝・胆・膵疾患などの消化器疾患の診断と治療も行っております。
がん診療連携拠点病院として、癌の早期発見・治療など的確な医療提供を行うとともに、患者様一人ひとりの症状、経過に応じて必要な検査をし、的確な診断治療に努めて居ります。"
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 135 3.16 3.01 0.74% 68.90
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 96 4.21 4.40 1.04% 71.34
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 64 21.94 17.71 0.00% 80.02
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 42 3.10 3.15 0.00% 70.93
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞-その他の手術あり-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし 26 11.08 12.37 0.00% 65.58
冠動脈は心臓の筋肉に酸素や栄養を送り込む働きをしています。高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満などにより冠動脈が動脈硬化を起こすことが主な原因となっており、発症には日々の生活習慣が大きく関わっていますので、規則正しい生活が発症予防につながります。当院では狭心症の治療として、経皮的冠動脈形成術(PCI)を行っており、クリニカルパスを使用し、2泊3日の入院となります。
次いで心不全となります。心不全とは心臓の血液の送り出しが不十分で、全身が必要とする循環量を保てない病態です。完全に治ることはなく、再発をおこしやすいため、長く上手に付き合っていくことが大切です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 101 5.37 6.64 0.00% 3.51
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 92 5.46 5.69 0.00% 3.84
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 35 5.60 5.73 0.00% 3.37
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 29 5.07 5.39 0.00% 2.66
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 23 5.26 7.38 4.35% 5.91
小児喘息とは、ある種の刺激(誘因)により気道に炎症が起こり、気道が一時的に狭くなって呼吸困難を繰り返す炎症性の肺疾患です。誘因には、ウイルス感染症、煙、香水、花粉、カビ、チリダニなどがあり、最も多い発症期は小児期、特に5歳までに発症する事が多いようです。喘息は小児期で多くみられる慢性疾患の一つです。両親どちらかに喘息がある小児は25%、両親そろって喘息がある子供は50%が喘息を発症するリスクがあるといわれています。また先進国の小児に多いことがわかっていて、清潔で衛生的な環境に住んでいる傾向があり感染症にさらされる機会が少ない為といわれています。確かに私達幼少期を思うと回りに喘息の友達は見かけなかった気がします。当院は気管支拡張薬による気道拡張、ステロイド吸入等で治療しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 75 3.97 4.85 0.00% 69.13
060150xx99xx0x 虫垂炎-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし - - 6.94 - -
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 5.45 - -
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 2.81 - -
060150xx02xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 9.79 - -
最も多い症例が鼡径ヘルニア(15歳以上)となっています。
鼠径ヘルニアは60歳以上が約77%を占めいています。その中でも男性に多く見受けられます。
鼠径ヘルニアとは、本来お腹の中に収まっているはずの腹膜や腸の一部が、鼡径部の筋膜の間からはみ出して皮膚の下に出てきてしまう、俗にいうところの「脱腸(だっちょう)」のことです。
加齢によって筋膜が弱くなることが原因と言われています。
ついで虫垂炎です。
症状が軽い虫垂炎の場合は、抗菌薬の投与と経過観察で炎症を鎮める「保存的治療」を行なっています。手術となる症例もあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 53 39.91 25.94 22.64% 81.91
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 37 35.38 19.40 0.00% 77.70
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 19 5.32 5.54 0.00% 57.47
160980xx99x0xx 骨盤損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 17 41.06 19.59 0.00% 80.65
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 15 35.53 21.53 13.33% 68.07
最も多い症例は股関節・大腿骨折になっています。
70歳以上が89%以上を占めており、75%が女性となっています。
障害物につまずいたり、よろめきにより尻餅をついている人が多く見受けられました。
骨粗しょう症:骨の強度が低下して、骨折しやすくなる骨の病気です。骨がもろくなると、つまずいて手や肘をついた、くしゃみをした、などのわずかな衝撃で骨折してしまい、介護が必要になってしまう人も少なくありません。特に女性に多くみられる病気で女性はもともと骨が細いうえに、閉経によって骨をつくるもとになる女性ホルモンの分泌が減少することが考えられます。
当院は近隣のリハビリ病院とも連携を密にして症状が安定した患者さんはADL向上の為に、継続的にリハビリ治療を促し転院の運びとしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010200xx01x00x 水頭症-水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 30 13.03 19.92 0.00% 79.73
010200xx99x00x 水頭症-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 28 2.00 6.93 0.00% 80.86
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 19 3.21 5.01 0.00% 75.42
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 3、4又は5 15 17.07 19.66 20.00% 72.80
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 14 14.14 9.67 7.14% 80.50
水頭症が最も多い症例となっており、全てが患者さんが65歳以上となっています。
頭には脳を保護するために髄液というものがあります。その髄液の流れが悪くなることにより頭に水が貯まる病気です。
当院ではシャント術を行っています。
脳梗塞は頭の中の血管がつまり脳細胞が壊死する病気です。時間経過とともに後遺症の程度もどんどん悪化しうる可能性があります。
当院では2019/9/17よりアルテプラーゼ静注療法を開始しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 49 2.00 3.34 2.04% 74.61
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 26 8.12 11.51 0.00% 74.19
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 15 3.53 9.59 0.00% 77.33
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 14.62
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 8.34
多数の症例が肺がんとなっています。
肺は呼吸器系の重要な臓器で、胸の中に左右2つあり、体の中に空気中の酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する役目です。
肺がんは非小細胞肺癌と小細胞肺癌に分類でき80%が非小細胞肺癌が占めています。
小細胞肺癌は、非小細胞肺癌に比べ、悪性度の高い腫瘍です抗癌剤や放射線照射に対する感受性が高く、化学療法が治療の中心となります。
外科治療・化学療法・放射線療法を主に行なっています。
また当院では緩和病棟が併設されているため緩和目的に入院される方もいます。
大腸肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060241xx97xxxx 痔核-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 35 3.60 5.72 0.00% 57.40
060235xx97xxxx 痔瘻-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 11 3.46 6.23 0.00% 49.82
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 9.85 - -
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 8.10 - -
060260xx97xxxx 肛門狭窄、肛門裂溝-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 7.44 - -
最も多い症例が痔核・手術ありとなっています。
一般的にはいぼ痔とも言われています。肛門や直腸の血管がうっ滞(流れが悪くなること)し、こぶのように腫れた状態のことです。
原因としては便秘・長時間同じ体勢・座ったままの仕事・排便時の強いきみにより起こると言われています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 1087 3.01 2.78 0.00% 75.26
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 63 9.03 9.33 0.00% 56.71
020200xx9710xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 57 5.02 6.71 0.00% 70.00
020240xx97xxx0 硝子体疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 31 4.48 5.95 0.00% 65.00
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 29 5.14 7.53 0.00% 65.07
最も多い症例が白内障・水晶体疾患となっています。
その中でも老人性白内障が94%以上占めています。
当院では両眼白内障の方が多く片眼治療後、再度入院し別眼を治療することが多いです。
基本的には外科手術を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 99 2.19 2.49 0.00% 72.39
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 49 6.02 5.61 0.00% 59.90
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 39 6.54 7.07 0.00% 68.74
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 23 2.65 6.71 0.00% 48.09
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 21 10.76 12.58 0.00% 73.67
前立腺癌症例が多数占めています。
前立腺癌は、男性がんの中で最も罹患数が多くなっています。癌の可能性を見つけるPSA検査(スクリーニング検査)を受けることで、癌の早期発見につながり、治療の選択肢が増えています。当院では、前立腺生検を行い、内分泌治療・化学療法・放射線療法・手術など、患者様一人ひとりに的確な治療を行っています。
他にも尿路系のがん(膀胱・尿管等)・前立腺肥大・尿管結石などの治療も行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:0 13 2.00 2.03 0.00% 57.23
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 - - 3.34 - -
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 - - 14.62 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 18.84 - -
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし - - 13.61 - -
肺がん症例が多数を占めています。
悪性新生物は日本人の死因第1位となっており、肺がんは部位別最多の死亡率となっています。
肺がんの原因として喫煙が大きく関わっており、非喫煙者と比べると男性4.8倍、女性3.9倍に発症率が高くなっています。喫煙によるがんリスクは肺がんの他口腔・咽頭、喉頭、鼻腔・副鼻腔、食道、胃、肝臓、膵臓、膀胱がんの因果関係も明らかになっています。
また受動喫煙によっても肺がんリスクは1.3倍に増加します。
当院は禁煙支援外来も行っておりますので禁煙に努めがん発生リスクを下げるようにしましょう。
次いで睡眠時無呼吸症例が多数占めています。
睡眠時無呼吸とは、睡眠中に呼吸が止まる病気です。男性に多い病気ですが、女性も更年期以降には罹患率が上昇するため注意が必要です。
日中の強い眠気・疲労感、いびきや夜中に何度も目が覚めるなど思い当たる方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
当院では、睡眠時無呼吸症候群の診断のため、クリニカルパスを使用し1泊2日の入院で睡眠ポリグラフ検査を行っています。
診断された場合は、CPAP療法の導入などを行っていきます。CPAPとは、装置を使用し無呼吸を防ぐため鼻に装着したマスクから気道に空気を送り続ける治療法です。

※10症例未満の場合は個人情報保護の為、「-」で表示しております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 42 2.00 2.78 0.00% 67.21
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患-動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし - - 5.34 - -
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患-動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし - - 16.61 - -
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし - - 19.82 - -
100081xx97x110 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)-手術あり-処置1:0-処置2:1あり-副病:あり-85歳未満 - - 51.71 - -
下肢静脈瘤に対する手術が最も多くを占めています。
男女別では殆ど差はなく、70歳代が半数を占め次いで60歳代、50歳代となっています。
手術は「下肢静脈瘤血管内焼灼術」が主な術式です。

※10症例未満の場合は個人情報保護のため [-] で表示しております。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 55 11.64 10.34 0.00% 61.45
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置1:0-処置2:なし-副病:0 29 5.97 6.10 0.00% 61.76
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 6.48 - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 3.94 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし - - 8.43 - -
主に乳がん治療を行っております。
乳がんは女性のがん罹患率が最多となりますが、5年生存率は早期診断のステージⅠでは99%、ステージⅡでは95%を超えています。
発症年齢をみますと60歳以上が59.7%を占めていますが、50歳代22.8%、40才代迄の若年層も17.5%の発生率となっています。
(2018年院内がん登録参照) 
早期発見のために、積極的にがん検診の受診をお勧めします。
古河市乳がん検診は市内在住の30歳以上の女性であれば受診可能ですので、是非対象の方はがん検診を受けていただきたいと思います。
当院では、治療として乳房切除(全摘・部分)・同時乳房再建、手術前後の化学療法・内分泌治療・放射線療法を行っています。
古河市はじめ周辺地域の他施設・開業医の先生方から多くのご紹介をいただいております。

※10症例未満の場合は個人情報保護の為、「-」で表示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 4 7 23 9 27 1 8
大腸癌 18 27 45 30 15 64 2 9
乳癌 29 35 6 1 1 14 1 8
肺癌 20 5 17 29 30 35 1 8
肝癌 4 4 4 7 6 31 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、内視鏡的治療から手術(開腹・腹腔鏡下)・化学療法・内分泌治療・放射線治療・緩和ケアの体制を整えています。
特に消化器外科を専門としており、治療は主に①内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)②内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行っています。
主に胃がんではESD、大腸癌ではEMRを施行しています。内視鏡的治療だけでなく、患者様一人ひとりに合わせた治療を提供しております。
乳がん・肺がんについても、積極的に治療を行っております。
患者様の状態に合わせ、緩和ケアチームの介入・緩和ケア病棟(14床)への入院にも対応しております。
古河市及び周辺地域の開業医の先生方と連携し、患者様をご紹介頂くとともに、今後も地域がん診療連携拠点病院としてより一層、地域の患者様の為努めてまいります。
※初発と再発の定義について
「初発」とは、自施設において診断・初回治療を行った場合となります。
「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者さんを診察した場合や、治療寛解後に局所再発・再燃、または新たな遠隔転移をきたした場合となります。
※患者数(退院患者数)について
一連の入院を1カウントとして集計していますので、同じ患者様が2回入院した場合2カウントとなります。

※10症例未満の場合は個人情報保護の為、「-」で表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 8.03 57.10
中等症 136 16.91 81.73
重症 31 28.32 86.48
超重症 10 15.00 83.10
不明 - - -
肺炎が発症した場所や病態により、市中肺炎、院内肺炎、医療、介護関連肺炎に区別されます。
一般的に病院外で日常生活を送っている健常人が発症した肺炎を市中肺炎と呼びます。
上記は入院契機となった傷病名、医療資源を最も投入した傷病名のICDコードJ13~J18が対象となります。
高齢者は、咳も熱も無いのに肺炎で急に意識障害を起こすこともありますので注意が必要です。
平成30年度厚労省発表の肺炎の死亡率は男性は4位、女性は5位、全体で5位となっています。まずはマスク・手洗い・うがい・歯磨きで口中清潔に、免疫力強化の為規則正しい生活・既往治療と予防接種に努めていきましょう。

※重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システムA-DROPwo用いています。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 63 36.19 79.46 16.18%
その他 - - - -
脳梗塞は脳内の血管が細くなったり、血栓ができて血管が詰まってしまい発症する疾患です。血管が詰まると血流が止まり、脳に酸素・栄養が行渡らなくなるので、脳細胞が壊死して様々な障害が生じます。大きな原因としては動脈硬化です。動脈硬化とは加齢に伴って血管が硬くなり、そこに脂質やコレステロールでどろどろのなった血液が付着して血管が細くなり血流が悪くなる状態です。動脈硬化の原因は悪玉コレステロールや高血圧、糖尿病、高脂血症、また肥満、喫煙、飲酒などの生活習慣とも密接に係わっています。
上記のデータ上でも49人は高血圧罹患、そのうち11人は糖尿病の罹患もありました。
当院では発症後迅速に治療を開始し、地域の回復期リハビリテーションを担う施設様と連携し患者様のADL(日常生活動作)の向上を目指しています。
※10症例未満の場合は個人情報保護のため [-] で表示しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 333 0.21 1.34 0.00% 66.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 3.28 9.74 0.00% 76.47
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 45 3.67 13.09 0.00% 69.53
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 2.18 4.46 0.00% 63.10
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 28 4.68 14.68 0.00% 69.71
最多症例は内視鏡的ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)です。
胃や大腸に出来たポリープ(腫瘍性・非腫瘍性)を内視鏡を使用し切除します。
開腹外科手術と比較して患者さんの身体への負担が少なくなる為、日帰り・短期(1泊2日)での治療が可能です。
次いで胆嚢・胆管結石、胆管炎、胆管癌などの胆道疾患に対しての治療(内視鏡下胆道ステント留置・腹腔鏡下胆嚢摘出)が多くなっております。
CART(腹水ろ過濃縮再静注法)という、肝硬変・悪性腫瘍などで溜まった腹水を針を刺して抜き、がん細胞や細菌を除去してアルブミンなどの有用成分が濃縮された腹水を戻す治療や、抗がん剤治療のためのCVポート造設なども積極的に行っております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 76 2.04 1.93 1.32% 71.20
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 34 0.00 15.12 2.94% 70.94
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 16 3.06 2.63 0.00% 71.13
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 15 6.40 13.67 0.00% 80.40
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 10 0.00 5.00 0.00% 67.80
狭心症・心筋梗塞に対する、経皮的冠動脈ステント留置術が多数占めています。
冠動脈内の器質的狭窄病変に対して、カテーテルを用いてステント(主に金属例の網状チューブ)を留置し、血管を拡げる治療法です。
ペースメーカー留置も行っております。
緊急時の対応も出来るよう、循環器内科常勤3名で体制を組んでおります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 53 0.45 2.23 0.00% 65.23
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 27 0.41 2.30 0.00% 63.33
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - 7.60 - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - 3.25 - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - 1.00 - -
最も多い手術症例が鼠径ヘルニアへの手術となっています。
当院は主にメッシュプラグ法:メッシュと呼ばれる人工筋膜による補強を行う一般的な手術法を行なっています。
おなかに3ヵ所の小さな穴を開けて腹腔鏡で手術を行う方法などがあり、体の状態や患者の希望に合わせて適切な方法を選択して行なっています。
予防/治療後の注意
メッシュを使う方法で手術をした場合には、手術後に再発する可能性は1%以下とかなり低いが、ゼロではない。また左右両側にできることがあり、片側の鼠径ヘルニアを手術した後に反対側で発症するケースもあります。手術後は1週間ほどで普段どおりに仕事や家事、自動車の運転、散歩などができるようになります。
ただ下腹部に力が加わるような動作は再発のリスクとなるため、最低でも2~3週間は力仕事や激しい運動は避けたほうが良く、水分を積極的に取って規則正しい食生活を心がけ、便秘にならないよう気を配ることも大切です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 51 3.16 32.33 19.61% 78.84
K0821 人工関節置換術(股) etc. 26 3.00 31.46 7.69% 70.23
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 25 2.60 17.52 0.00% 60.76
K0811 人工骨頭挿入術(股) 21 5.24 31.29 23.81% 82.05
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) etc. 15 2.53 21.93 0.00% 55.33
最も多いのが大腿骨骨折の手術ついで人工関節(股)・前腕骨骨折となっています。
大腿骨折は骨を固定する整復術(骨を正常の位置にもどすこと)を行っています。
術後は速やかにリハビリを開始します。
また高齢になり術後寝たきりになってしまうと認知症を併発している方は進行を促進させるとも言われています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 30 1.03 11.00 0.00% 79.73
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 0.86 11.57 7.14% 79.00
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 30.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 28.25
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 17.00
特発性正常圧水頭症が一番多い手術症例となっています。
これは脳の中の髄液が吸収障害により徐々に溜まってくる状態を水頭症という。症状としては歩行障害・尿失禁・物忘れ、などが特徴的です。
手術は「腰椎腹腔シャント術」:腰椎の内側から脳脊椎液を腹腔に流す治療法で今年度は30件となっています。
シャント術を行なう事により上記の症状の改善がみられます。
平成30年10月から仲間秀幸医師が常勤医として就任されてからは、年々手術件数も増加してしております。
※10症例未満の場合は個人情報保護のため [-] で表示しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 1093 0.92 1.21 0.00% 75.20
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 138 0.11 5.40 0.00% 66.88
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 37 0.81 4.57 0.00% 63.16
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 26 0.85 2.00 0.00% 72.15
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 25 0.00 1.00 0.00% 73.20
最も多い手術は硝子体再建術(眼内レンズ挿入)となっています。
白く濁った水晶体(レンズの役割をしているところ)を取り出し代わりに眼内レンズを挿入する手術です。
入院期間も2泊3日となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 47 1.02 4.09 0.00% 60.79
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 40 0.78 4.75 0.00% 69.13
K764 経皮的尿路結石除去術 16 0.50 6.38 0.00% 57.06
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 0.71 6.21 0.00% 69.93
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - 9.63 - -
尿路結石に対し、当院では主にTUL(経尿道的尿路結石除去術)を行っております。
尿道から尿管内に内視鏡を入れ、結石を砕く治療になります。
尿路系がん(膀胱・腎・腎盂尿管)に対する手術も多数行っております。
膀胱がんでは、TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除)を行っており、お腹を切ることなく内視鏡での治療になります。
膀胱がんの初発症状は、血尿で痛みのない「無症候性血尿」が多いといわれています。
血尿が膀胱がんということではありませんが、他のいろいろな病気の可能性が考えられるので専門医にご相談ください。

※10症例未満の場合は個人情報保護の為、「-」で表示しております。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 36 0.00 1.00 0.00% 66.61
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - 1.00 - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - 6.75 - -
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) - - 15.00 - -
K6072 血管結紮術(その他) - - 1.00 - -
下肢静脈瘤の主な手術としては逆流を起こしている静脈を取り去るストリッピング手術や、静脈内に細いカテーテルを挿入してレーザーで静脈の内側を焼く血管内焼灼術があります。
当院では殆ど血管内焼灼術を施行しています。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 2.28 8.06 0.00% 62.64
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 29 1.28 3.69 0.00% 61.76
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 11 2.55 10.46 0.00% 61.91
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - 6.88 - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - 14.50 - -
1~4位までが乳がん手術で、5位も乳がんに対する薬物治療のためのCVポート造設となり、99%が癌に対しての治療となります。
乳房切除・部分切除を行うとともに、同時乳房再建にも対応しております。
乳がんの拡がりを正確に判断し、患者様一人ひとりに適切な治療選択を行っています。

※10症例未満の場合は個人情報保護の為、「-」で表示しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.17%
異なる
定義】「医療資源を最も投入した傷病名」と「入院の契機となった傷病名」が対応するコードに該当した場合を「同一」、そうでない場合を「異なる」としています。
「発生率」は各症例数の全退院患者数に対する割合です。
手術後の合併症とは、手術後の好ましくない症状や状態のことをいいます。 主なものは、創感染(そうかんせん)、感染症(特に肺炎)、痛みなどです。
合併症が起こった場合には、それぞれの状況に応じて速やかに対処をしています。
当院はがん診療連携拠点病院であるので、悪性腫瘍は勿論、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病といった基礎疾患のあり、また高齢の患者様が多く来院されています。
手術や処置、検査等を行う際には細心の注意を払って診療を行い、起こりうる合併症については事前にご本人・ご家族の方々に説明をした上で同意を得て実施をしております。
※10症例未満の場合は個人情報保護のため [-] で表示しております。
更新履歴

アーカイブ

↑To TOP