部門紹介 -放射線診断科-

トップページ > 病院のご案内 > 部門紹介 > 放射線診断科

放射線装置紹介

MRI

キャノンメディカルシステムズ株式会社 Vantage Titan導入。

より短時間に全身の様々な箇所を高画質で撮影することができます。また静音機構により、安心・リラックスして検査を受けていただくことができます。


高画質Open Bore という新たな基準

高画質化とOpen Bore という相反する技術的課題に、正面から取り組みました。患者さんにやさしいOpen Bore でありながら、全身の高画質画像を実現します。


非造影MR テクノロジーの粋を結集

実績と信頼を重ねる当社の非造影技術。全身の血管へ適用する“Total Vascular Care Imaging” のために、部位毎に最適なフルテクニックメニューをご提供します。
非造影MRAについて(キャノンメディカルシステムズ株式会社)


Octave SPEEDERTM

Octave SPEEDERは、頭部用のOctave SPEEDER ヘッドと脊椎用のOctave SPEEDER スパイン があり、合わせて使用することで広範囲の撮像も可能になります。
開口径の広いVantage Titanと組み合わせることで、無理のない姿勢で検査が行えます。被検者の適応範囲が広がり、Neuroパッケージ等と組み合わせ頭部、頭頚部、脊椎の高画質な撮像が可能になります。



X線TVシステム

島津製作所 X線TVシステム SONIALVISION G4を導入。

従来は専用装置が必要な検査や処置なども、このX線TVシステム SONIALVISION G4の導入により実現可能になりました。また患者さんの乗降の負担軽減や徹底した被ばく低減により安全・安心な検査をご提供します。


信頼の高画質 BEST Imaging

微小画素ピッチによる高解像度と高いコントラスト分解能が高画質を実現します。また最新のデジタル画像処理技術がハレーションや透視ノイズを抑え、観察しやすい画像を提供します。さらに最大17×17インチの大視野は、注腸や腹部全域の同一画像内での観察を可能にしています。


あらゆる検査を快適に BEST Performance

使う人への配慮を随所に施したシステム設計により、様々な検査をサポートします。


ワイドストロークで患者さんを動かさずに全身をカバーできます。

映像系を引伸ばし、車イスでの嚥下造影検査や簡易胸部撮影が行えます。

観察位置を変えずに天板チルトが行え、泌尿器検査時に有効です。

高精度な長尺撮影に対応

高精度での長尺撮影を可能にするスロットラジオグラフィをSONIALVISION G4 用に進化させたスロットアドバンスに対応しています。結合再構成から画質調整、モニタ表示までフルオートで行えます。


映像系(管球-FPD)を移動させながら数cm間隔にてスロット状の画像を収集

スロット画像を自動でつなぎ合わせ1枚の長尺画像を作成

*スロットアドバンスはSONIALVISION G4のオプション・スロットスキャンの呼称です。
スロットアドバンス(株式会社島津製作所)


国内初の骨密度測定アプリケーション搭載

骨密度測定アプリケーションSmart BMD(オプション)を搭載しました。腰椎および(または)大腿骨近位部をスキャンすることで簡単にDXA法による骨密度測定が行えます。


*DXA法:二重エネルギーX線吸収測定法(dual-energy X-ray absorptiometry)は、エネルギーレベルの異なる二つのX線を検査対象に照射して、それぞれのエネルギーがからだの組織によって吸収率が異なることから、検査対象の組成を測定する方法で、骨密度測定の標準方法として重視されています。

X線テレビシステムで国内初、画像診断と骨密度測定が可能


透視機能を用いて簡単・確実にポジショニングが可能集

測定結果はレポート形式で見やすく表示可能


「リアルタイム性」にこだわった透視被ばく低減処理SUREengine FAST

すい胆管への内視鏡手技で、高画質、リアルタイム性を保ったまま残像やノイズを効率よく低減した透視画像を提供する、透視画像処理SUREengine FASTを標準搭載しました。長時間に及ぶ手技での患者さんや術者の被ばく低減にも寄与します。


安全と信頼をかたちに BEST Safety

使う人の立場で検査の効率化を考え、患者さんの立場でより安全で、安心いただける細かな配慮をかたちにしました。一例として患者さんの乗り降りの際、ワンタッチで天板が最低高さ47cmまで下がり、映像系も1.5mまで引伸ばされサポートが容易に行えます。


徹底した被ばく低減 Low Dose Control

パルス透視や検査に合わせて自動選択される3種類のBHフィルターなど、被ばくを効率よく低減できる各種機能を搭載しています。また、線量値を計算しリアルタイムに表示する線量計算機能も装備しており、あらゆる検査で患者さんと検査スタッフの安心をご提供します。
線量計算機能(株式会社島津製作所)



CT

Hybrid angiography CT solutions

Alphenix 4D CT seamlessly integrates our flexible Alphenix interventional system with the advanced Aquilion CT imaging suite into one versatile solution.


One room. One system. Many possibilities.

With a streamlined workflow in a single setting, you no longer need to transfer the patient between rooms, improving patient care and boosting productivity. Switch easily between CT and angiography systems to diagnose, treat or verify. Across a wide range of clinical applications Alphenix 4D CT offers more possibilities to deliver safer, better treatment to your patients.


A Breakthrough Solution in Interventional Oncology

Learn about the latest in Angio-CT with Dr. Afshin Gangi.
Presenting the latest Alphenix 4D CT technology.


Integrated to boost productivity and patient care

Greater than the sum of two parts. Canon Medical’s Aquilion CT imaging suite and Alphenix angiography systems work in concert to provide real improvements in efficiency, workflow and clinical confidence. The unique SURE Guidance feature synchronizes positional data of the region of interest between modalities. The CT gantry, the C-arm and the table move automatically to do the rest. 3D roadmapping to superimpose CT-derived 3D images onto the fluoro image allows you to navigate during the angio procedure with greater confidence and accuracy.


Quickly diagnose, treat and verify with confidence

Speed is crucial. Capture robust diagnostic images in a fraction of a second, minimizing dose exposure, reducing artifacts and shortening procedure time. With Alphenix 4D CT there is no need to transfer the patient between rooms to confirm device placement or procedural success, so unnecessary procedures can be eliminated and efficiency improved.


The freedom to move with your workflow

Alphenix’s ceiling-mounted C-arm offers an unprecedented range of movement, allowing you to position the C-arm to suit your workflow. Its unique lateral fingertip-to-fingertip coverage aids transradial procedures. With the CT gantry fully parked the C-arm provides fast, head-to-toe access from any position. When both the CT gantry and C-arm are parked, you have 360-degree access to the table when you need it.


Outstanding image quality with advanced dose management

Aquilion ONE’s wide detector technology can acquire 16 cm coverage in a single split-second rotation. High-quality morphological and functional 4D imaging supports your treatment workflow, simplifying the positioning of needles or guiding catheter embolization procedures.


Comprehensive dose management benefits patients and clinical staff

Alphenix 4D CT systems bring together an extensive range of hardware features and software tools all designed to deliver outstanding image quality with minimal dose exposure. In CT, advanced technologies help simplify complex protocols, reduce exposure time and use less contrast. In angiography, Spot Fluoro significantly reduces patient dose and scatter radiation offering greater protection for the patient and clinical staff. Enhanced dose tracking tools allow real-time peak skin dose monitoring and archiving. This monitoring and visualization of dose allows the operator to choose a different approach during a long procedure to avoid regions where dose thresholds have been exceeded.


System Options

Configure your Alphenix 4D CT to meet your needs.

Alphenix Sky
(Ceiling-mounted)
Features a unique ceiling-mounted C-arm to provide longitudinal and lateral coverage to support upper extremity examinations.

Aquilion Prime SP
(78 cm bore, 80 slices upgradable to 160 slices)
Complete clinical flexibility and industry-leading patient care, comfort, and workflow.

↑To TOP