トップページ > 病院のご案内 >看護部
友愛記念病院

看護部

看護部長あいさつ

友愛記念病院は、「救急センター」「画像診断センター」「癌治療センター」「手術センター」「循環器病・消化器病センター」の高機能をもつ急性期病院です。また、「地域がん診療連携拠点病院」「地域医療支援病院」にも指定され古河・坂東保健医療圏の中核病院としても機能しています。

看護部は、病院の機能が発揮できる専門性に応じた対応と他スタッフとの連携・協働により患者さんとご家族の方への生活の質の維持・向上につながる安全で質の高い看護を提供できるよう努力しています。看護教育では、クリニカルラダー・キャリアラダーシステムを導入し、入職時から看護実践能力の知識・技術を身につけ段階的にキャリアアップを図り、根拠に基づいた専門性の高い人材育成を目指しています。

看護師の仕事は、人の命を預かり、勤務が不規則な中で、体力・精神力ともに必要とされる職業です。しかし、つらいことばかりの仕事ではありません。看護師一人ひとりが「看護師になってよかった。ずっと続けていきたい。」と感じられる、また、やりがいのもてる職場環境づくりができたらと考えています。

看護部長 南城 和子

看護部理念

一人ひとりの夢を共感と対話の看護で実現します

看護部基本方針

  1. 夢と誇りを持って自立し協働します(行動)
  2. いかなる時も誠実な看護に徹します(信条)
  3. 患者の信頼のもと安全な看護を提供します(習慣)
  4. 専門性を磨き自らの成長に努めます(成長)

令和2年度(2020年度)看護部目標

  1. 安全で質の高い専門看護を提供する
  2. チーム医療の推進を図り、病院経営に貢献する
  3. 魅力ある職場風土を推進する

看護体制

看護配置
・急性期一般入院基本料1(7対1)
・緩和ケア病棟入院料1(7対1)
・地域包括ケア病棟入院料2(13対1)
看護単位
7単位病棟・手術室・外来
勤務形態
3交代制、又は2交代制

看護方式

・固定チームナーシング(一般病棟)
・プライマリーナーシング(緩和ケア病棟)

看護記録

電子カルテを使った記録システム(フォーカスチャーティングによる看護記録)

職員宿舎

「ゆうあいレジデンス」36室あります。

室内エアコン、IHクッキングヒーター、ウォシュレットトイレ、リモコン照明、朝シャン洗面台等を備えています。また、バス・トイレ別です。

↑To TOP