手術支援ロボット ダビンチ

トップページ > 病院のご案内 > 病院について >友愛ギャラリー

低侵襲手術支援ロボット ダビンチ サージカルシステム

低侵襲手術とは?

低侵襲ロボット支援手術は患者様の負担が少ない腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り、
外科医の操作に従って内視鏡・メス・鉗子を動かして行う内視鏡手術です。

ダビンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。
高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。
術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって
回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精緻な手術を行うことができます。
ロボット支援手術は完全に医師の操作によって実施されます。


ダビンチは3つの機器によって構成されています。

サージョンコンソール

「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、患者さんに触れずに、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。


ペイシェントカート

「ペイシェントカート」の4本のロボットアームにその動きが伝わります。
アームはコンピュータによる手ブレ補正機能が搭載されており、安全性の高い正確な手術が期待できます。


ビジョンカート

「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。



患者さんへのメリット

(例)前立腺がんの手術の場合

ダビンチは体への負担が少ない手術を可能にします。

手術中の出血量が少ない

開放手術と比較すると、極めて少ない出血量。術中に輸血が行われることはあまりありません。

手術後の痛みが少ない

患者さんの皮膚を切開する傷口は、鉗子を挿入する8~12mmほどの幅で、最大で6カ所です(術式によって異なります)。

手術後の回復が早い

小さな傷口のみで行われる手術なので、皮膚や筋肉を切開した痛みはあまりありません。

合併症リスクが低い

創部の感染が少なく、腸閉塞などの合併症発生率も低い傾向にあります。



費用に関して

術式により費用が異なりますが、健康保険が適用されます。

詳しくは、入退院受付にお問い合わせ下さい。



対象となる疾患・手術に関して

当院では、以下の疾患・手術でダビンチの使用を予定しております。

【泌尿器科】

・前立腺がんに対する前立腺全摘術

【消化器科】

・直腸がんに対する直腸切除・切断術

お問い合わせ

各担当医師にお問い合わせください。

↑To TOP