友愛記念病院の取り組み

トップページ > 友愛記念病院の取り組み

関東初!!

友愛記念病院「CADA-BOX」導入
~診療情報をスマホで閲覧・決済機能を利用し経済的な負担軽減~

当院では、平成30年6月4日(月)より「CADA-BOX」のサービスをスタート しました。

「CADA-BOX」とは、メディカル・データビジョンが提供する、患者さんが自身の診療・健診(検診)データを保管・閲覧できる「カルテコ」を付帯した病院向けソリューションです。

「カルテコ」を利用すれば、患者さんはスマートフォンやPCで、診療データ(一部)や、CT・MRIなど、検査画像の閲覧・保管をはじめ、検査を継続的に受ければ、経年変化を比較することが可能です。また、自分の体重や血圧などを記録して、保管することもできます。
更に、決済機能を活用すれば、支払い回数や金額などを自由に設定できるため、不意の高額な医療費による経済的な負担を軽減することができます。

お申し込みは、1階『総合案内センター』までお越し下さい。
※診察券・身分証明書(免許証・保険証等)のご提示が必要となります

新システム関東初「CADA-BOX」稼動 協同記者会見の様子

「CADA-BOX」稼動について、平成30年6月4日(月)14:00~
友愛記念病院・メディカルデータビジョン(株)との協同記者会見を開催いたしました。

記者会見の様子


カルテコサービスのご案内

画像をクリックしていただくと、PDFデータによる「カルテコサービスのご案内」をご覧いただけます。



↑To TOP